バルミューダKTT01JPとK11Aの違いを比較!どっちがおススメ?

当ページのリンクには広告が含まれています。
バルミューダKTT01JPとK11Aの違いを比較!どっちがおススメ?
  • URLをコピーしました!

2月19日(月)20:00〜2/23(金)01:59まで!

ショップ買いまわり&ラクマ購入でポイント最大11倍!

クーポンやお得情報公開中♪

今回は、2024年2月20日にバルミューダから新発売される新しいトースター「ReBaker KTT01JP」と、人気の定番トースター「The Toaster K11A」の違いを比較して、徹底解説します!

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの違いを比較したところ、以下の4つでした。

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの違い
  • ReBaker KTT01JPはリベイクモードとフライドモードがあり、パンや揚げ物の温め直しが得意です。The Toaster K11Aはスチーム機能があり、トーストやチーズトーストがおいしく焼けます。
  • ReBaker KTT01JPはオーブンモードがあり、予熱なしで240℃にキープして調理できます。The Toaster K11Aはクラシックモードがあり、170℃、200℃、230℃の3段階で温度調節できます。
  • ReBaker KTT01JPは庫内の奥行きが2cm狭く、本体の幅が1cm狭いです。The Toaster K11Aは庫内の奥行きが2cm広く、市販のピザがそのまま入ります。
  • ReBaker KTT01JPはブラックとホワイトの2色展開です。The Toaster K11Aはブラック、ホワイト、ショコラの3色展開です。

この中で一番大きな違いは、リベイクモードとスチーム機能の有無になります。

ReBaker KTT01JPのおすすめポイントはこちらです

  • ReBaker KTT01JPはパンや揚げ物のリベイクがおいしい
  • ReBaker KTT01JPはオーブンモードで予熱なしで調理できる
  • ReBaker KTT01JPはブラックとホワイトでシンプルなデザイン

The Toaster K11Aのおすすめポイントはこちらです

  • The Toaster K11Aはスチームでふわふわのトーストが焼ける
  • The Toaster K11Aはクラシックモードで温度調節ができる
  • The Toaster K11Aはショコラとグレーのおしゃれなカラーがある

本文にて詳しく解説しますね。

スポンサーリンク
目次

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの違いを比較!

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの違いは全部で4点ありました。

冒頭で挙げた違いはこちらです。

  1. リベイクモードとフライドモードの有無
  2. オーブンモードとクラシックモードの違い
  3. 庫内の奥行きと本体の幅の違い
  4. カラーバリエーションの違い

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

リベイクモードとフライドモードの有無

ReBaker KTT01JPは、パンや揚げ物の温め直しが得意なリベイクモードとフライドモードを搭載しています。パンの表面は焦げずにパリッと、中はふわふわに温めます。

揚げ物は衣はサクサク、中は熱々に温まりますので、冷めてしまったパンや揚げ物をおいしく食べたいときに便利です。

一方、The Toaster K11Aは、スチーム機能があり、トーストやチーズトーストがおいしく焼けます。

水を入れてスチームを発生させることで、パンの中に水分を閉じ込めてふわふわに焼き上げます。トーストやチーズトーストを重視するなら見逃せません。

パンや揚げ物の温め直しをよくするので、ReBaker KTT01JPのリベイクモードとフライドモードはいいですね!
コンビニやスーパーで買ったパンや揚げ物を、買ってきたときのようにおいしく食べられるなら嬉しいです。

オーブンモードとクラシックモードの違い

ReBaker KTT01JPは、オーブンモードがあり、予熱なしで庫内温度を240℃にキープして調理できます。ピザやグラタンなどのオーブン料理に便利です。予熱の時間がないので、手軽に調理できます。

The Toaster K11Aは、クラシックモードがあり、170℃、200℃、230℃の3段階で温度調節できます。

オーブン料理はもちろん、焼き菓子やドライフルーツなども作れます。温度調節ができるので、自分の好みに合わせて焼き加減を変えられますよ。

私はオーブン料理をよく作るので、ReBaker KTT01JPのオーブンモードが気になります。
予熱なしで240℃になるのはすごいですね!時間がないときでも、市販のピザやグラタンをおいしく食べられそうです。

The Toaster K11Aのクラシックモードは、温度調節ができる点がいいですね。

庫内の奥行きと本体の幅の違い

ReBaker KTT01JPは、庫内の奥行きが2cm狭く、本体の幅が1cm狭いです。庫内の奥行きは22.4cm、本体の幅は34.7cmです。キッチンのスペースが限られている場合には、こちらの方が置きやすいかもしれません。

The Toaster K11Aは、庫内の奥行きが2cm広く、市販のピザがそのまま入ります。庫内の奥行きは24.4cm、本体の幅は35.7cmです。ピザや大きめのパンを焼くことが多い場合には、こちらの方が便利です。

ピザを焼く時には、The Toaster K11Aの庫内の奥行きが広いのは魅力的。市販のピザをそのまま入れられるのは便利ですね。ReBaker KTT01JPの方がコンパクトなのもいいですが、庫内の奥行きが狭いと、ピザを切って入れないといけないのが少し気になります。

カラーバリエーションの違い

▼ReBaker KTT01JPは、ブラックとホワイトの2色展開です。シンプルでどんなキッチンにも合わせやすいカラーです。

▼The Toaster K11Aは、ブラック、ホワイト、ショコラの3色展開です。ショコラはおしゃれなカラーで、インテリアとしても楽しめます。

ブラックやホワイトで迷っている人はReBaker KTT01JPの2色でもOKですね!カラーにこだわりがある人は、The Toaster K11Aのカラーバリエーションに惹かれますよね。ショコラはとても可愛いです!

スポンサーリンク

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aどっちがおすすめ?

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか見ていきましょう!

ReBaker KTT01JPがおススメな人

  • パンや揚げ物の温め直しをよくする人
  • オーブン料理を手軽に作りたい人
  • キッチンのスペースが少ない人
  • シンプルなデザインが好きな人

ReBaker KTT01JPは、リベイクモードとフライドモードがあり、パンや揚げ物の温め直しが得意です。コンビニやスーパーで買ったパンや揚げ物を、買ってきたときのようにおいしく食べられます。

また、オーブンモードがあり、予熱なしで240℃にキープして調理できます。ピザやグラタンなどのオーブン料理に便利です。

本体のサイズもコンパクトで、キッチンのスペースが少ない人にもおすすめです。カラーはブラックとホワイトの2色で、シンプルでどんなキッチンにも合わせやすいです。

The Toaster K11Aがおススメな人

  • トーストやチーズトーストをよく食べる人
  • 温度調節ができるオーブントースターが欲しい人
  • 市販のピザや大きめのパンを焼きたい人
  • おしゃれなカラーが好きな人

The Toaster K11Aは、スチーム機能があり、トーストやチーズトーストがおいしく焼けます。水を入れてスチームを発生させることで、パンの中に水分を閉じ込めてふわふわに焼き上げます。トーストやチーズトーストを重視するなら見逃せません。

また、クラシックモードがあり、170℃、200℃、230℃の3段階で温度調節できます。オーブン料理はもちろん、焼き菓子やドライフルーツなども作れます。温度調節ができるので、自分の好みに合わせて焼き加減を変えられます。

庫内の奥行きも2cm広く、市販のピザがそのまま入ります。カラーはブラック、ホワイト、ショコラ、グレーの4色で、おしゃれなカラーが好きな人にもおすすめです。

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの違いを一覧表にまとめました。

項目ReBaker KTT01JPThe Toaster K11A
リベイクモードありなし
フライドモードありなし
スチーム機能なしあり
オーブンモード240℃170℃、200℃、230℃
庫内の奥行き22.4cm24.4cm
本体の幅34.7cm35.7cm
カラーブラック、ホワイトブラック、ホワイト、ショコラ、グレー

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの共通の特徴

ここからは、ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの共通の機能や特徴についてお伝えしますね。

トーストモードとチーズトーストモード

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aは、トーストモードとチーズトーストモードを共通して搭載しています。

トーストモードは、パンの厚さに応じて焼き時間を自動で調整します。

チーズトーストモードは、チーズがとろけるように焼き上げます。

ただし、ReBaker KTT01JPはスチーム機能がないので、The Toaster K11Aの方がパンの中はふわふわになります。

上下に1本ずつヒーターを搭載

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aは、上下に1本ずつヒーターを搭載しています。

上下のヒーターをオン/オフするタイミングを調整し、各モードに最適な温度制御で焼き上げます。

これにより、パンや揚げ物の表面は焦げずに、中は熱々に温めます。

1mのコード

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aは、1mのコードを共通して備えています。コンセントの位置によっては、コードが短くて困ることもありますが、1mあれば比較的自由に置けると思います。

ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの違いを比較!どっちがおススメ?まとめ

以上、ReBaker KTT01JPとThe Toaster K11Aの違いを紹介しました。違いは以下の4点でしたね。

  • リベイクモードとフライドモードの有無
  • オーブンモードとクラシックモードの違い
  • 庫内の奥行きと本体の幅の違い
  • カラーバリエーションの違い

ReBaker KTT01JPは、パンや揚げ物の温め直しが得意なリベイクモードとフライドモードを搭載しています。また、オーブンモードがあり、予熱なしで240℃にキープして調理できます。

本体のサイズもコンパクトで、キッチンのスペースが少ない人にもおすすめです。カラーはブラックとホワイトの2色で、シンプルでどんなキッチンにも合わせやすいです。

The Toaster K11Aは、スチーム機能があり、トーストやチーズトーストがおいしく焼けます。

水を入れてスチームを発生させることで、パンの中に水分を閉じ込めてふわふわに焼き上げます。トーストやチーズトーストを重視するなら見逃せません。

また、クラシックモードがあり、170℃、200℃、230℃の3段階で温度調節できます。オーブン料理はもちろん、焼き菓子やドライフルーツなども作れます。温度調節ができるので、自分の好みに合わせて焼き加減を変えられます。

庫内の奥行きも2cm広く、市販のピザがそのまま入ります。カラーはブラック、ホワイト、ショコラの3色で、おしゃれなカラーが好きな人にもおすすめです。

どちらのトースターもそれぞれの良さがあります。使い方や好みに合わせて、選んでみてくださいね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次